• このアピール(声明)に賛同いただけるすべての札幌学院大学関係者
    (学生、教員、職員、卒業生、退職教職員、その他関係者)のみなさん
    から賛同署名を募っております。
    署名は下のフォームから。

    安全保障関連法案の撤回を求める声明
     
    札幌学院大学教職員有志
     
     

     政府は,今年5月14日,新法である「国際平和支援法」案,及び自衛隊法,武力攻撃事態法,周辺事態法など関連10法を改正する「平和安全法制整備法」案を閣議決定し,15日に国会に提出した。

     本法案は,2014年7月1日の集団的自衛権の行使を容認した閣議決定,その後改定された「日米防衛協力のための指針」(新ガイドライン)を受けて提案されたものである。自衛隊が平時から緊急事態に至るまで切れ目なく自ら武力行使すること,他国への軍事的支援を可能にする法案となっている。
     今回の安全保障関連法制で唯一の新法となる国際平和支援法は,多国籍軍などへの後方支援を随時可能にする恒久法である。その狙いは,米国などの要請に応じ,自衛隊を速やかに海外派遣することにある。また,「平和安全法制整備法」案では,武力攻撃事態法,自衛隊法を改正して「存立危機事態」という概念を設け,日本と密接な関係にある他国に武力攻撃が発生し,我が国の存立が脅かされる事態となった場合には,自衛隊が他国軍隊とともに武力を行使すること,すなわち集団的自衛権の行使を容認している。
     これらの法案は,平和国家としての日本の在り方を根本から変えるものであり,平和的生存権を保障した日本国憲法前文及び第9条に明確に違反するものである。したがって,現在,憲法学者のみならず多くの学者・研究者がこの法案に反対を表明し,撤回を求めている。また各種世論調査でも,法案は「憲法に違反している」と考える国民がかなりの多数を占め,学生や若者を中心に廃案を求める運動が全国各地で大きく展開されている。
     私たち札幌学院大学の教職員は,これら学者・研究者の反対表明や若者の平和運動に共鳴するとともに,大学の教育・研究,そして学生たちとその未来を守るために,本法案の廃案を強く求めるものである。

     

    2015年7月11日

     

    呼びかけ人,共同代表 (19名)

     

    法学部教授 西尾敬義

    法学部教授 神谷章生

    法学部教授 伊藤雅康

    法学部教授 家田愛子

    経済学部教授 片山一義

    経済学部准教授 湯川郁子

    経済学部准教授 浅川雅己

    経済学部准教授 白石英才

    人文学部教授 岡崎  清

    人文学部教授 小林好和

    人文学部教授 湯本  誠

    人文学部教授 新國三千代

    人文学部教授 川合増太郎

    社会情報学部教授 小内純子

    社会情報学部教授 石井和平

    社会情報学部教授 佐藤和洋

    経営学部教授 山本 純

    経営学部教授 杉本 修

    職員 井上寿枝

     

    賛同者数(呼びかけ人含む) 106名 10月18日1:00現在)

  • 賛同者 (順不同)

     【教員】(30名)

     経営学部教授  三好 元,人文学部教授 児島恭子,人文学部准教授 大澤真平,社会情報学部教授 太田清澄,人文学部教授 伊藤克実,人文学部教授 内田 司,人文学部准教授 藤野友紀,社会情報学部教授 森田 彦,社会情報学部教授 高田 洋,人文学部教授 横山登志子,人文学部教授 渡邊憲介,非常勤講師 秋山孝二,人文学部教授 土渕美知子,人文学部教授 中村敦志,人文学部准教授 新田雅子,社会情報学部教授 大國充彦,人文学部教授 臼杵 勲,人文学部教授 塩見啓一,経済学部教授 平澤亨輔

     ほか11名

     

     【職員】(11名)

    近藤直文,高橋秀昌

     ほか9名

     

     

    【学生】(14名)

     堺 威夫貴,佐藤有哉(法学部法律学科)

    ほか12名

     

    【退職教員】(10名) 

    清水雅彦(現在,日本体育大学教授),富田充保(現在,相模女子大学教授),千葉正喜,山越康裕(現在、東京外国語大学),渡辺利治,佐藤 允 (非常勤講師), 島川雅史(現、立教女学院短期大学),神山義治(非常勤講師、現北海学園大学,水島朝穂(現在,早稲田大学教授) ,高懸雄治(札幌学院大学名誉教授)

     

     

    【卒業生】(18名)

    小内浩,西脇秀之,鎌田 望, 高橋典子, 由井久志(法学部卒),堀内律子(大学院法学研究科卒), 小林延行(法学部卒),大森啓史(社会情報学部卒),室田 弘(商大6期卒業),齋藤純一(人文学部卒),藤田郁江(法学部卒)

     ほか7名

     

    【卒業生の母】(2名)

     

    【市民】(2名)

     

     
    【メッセージ】
     ■由井 久志(卒業生)
    明確な憲法違反の安保関連法案に反対します。参院での廃案めざし、いま住む街・旭川で反対運動の最前線に立ち続けます。在学中、憲法学の教えを受けた伊藤雅康先生のお名前を拝見し、嬉しく思いました。また人権論をお教えいただいた鳥居喜代和先生の言葉、未だ忘れられません。大事な教えを得たわが母校で、このように先駆的な教職員の活動があることに胸が熱くなります。諦めず、がんばりましょう。
    ■清水雅彦(退職教員)
    現在、中央(東京)で「戦争をさせない1000人委員会」や「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の運動にかかわっています。戦争法案を廃案に追い込むには、中央の運動だけでは不十分であって、全国各地からたくさんの声が上がっていく必要があります。そういう意味で、今回、札幌学院大学からこのような声が上がったことは、大変貴重で重要なことだと思いました。共に頑張りましょう。
    ■富田充保 (退職教員)
    全国の大学をはじめ、疑問や危惧を感じている全ての人に励ましを与える行動に敬意を表します。これからも国会前に向かい連帯の意思を表明します。
    ■匿名希望(経済学部卒業生)
    憲法違反も当然ながら、憲法無視、憲法停止を行うような政権は 非常に危険です。今の世の中、無関心は自殺行為です。 札幌学院大学卒業生の一人としてアピールに賛同いたします。
    ■秋山孝二(非常勤講師)
    立憲主義、民主主義への公然たる挑戦です。戦後を育った人間として、今、沈黙をするのであれば、これまで受けたきた戦後教育も問われるのではないでしょうか。70年間地道に築いてきた国際社会における日本の価値を、今を生きる人間として引き続きしっかり創造していく気概を持ちたいものです。
    ■匿名希望(商大14期)
    今こそ、若者が、政治を動かそう!
    ■匿名希望(卒業生)
    学生、卒業生と教職員とが同じ方向性で行動できることを嬉しく思います。
    ■渡辺利治(退職教員)
     共に、「戦争法案」廃案のために頑張りましょう。
    ■匿名希望(学生)
    このまま 安倍内閣の好き勝手にさせるのは、絶対にいけない。戦後70年を守りぬかなくてはならない。これからの未来のためにも。
    ■ 島川雅史 (退職教員,現、立教女学院短期大学)
     このところ、日米軍事同盟の歴史的実態・意図について、市民運動・教育・マスコミ関係の方々などへの資料提供のつもりで文章を  書いてきました。拙著『アメリカの戦争と日米安保体制』(社会評論社,2011)などが、少しでもお役に立てば幸いです。 私が在職していたのはレーガン政権のころですが、東京での送別 会で、ソ連が攻めてきたらすぐ逃げてこい、など言われた時代でした。当時は、米ソ戦争となれば、宗谷海峡の通航確保のためにソ連は北海道の少なくとも北半分の占領を図るだろう、とされていました。陸自最強唯一の機甲師団(第7師団)が配備されていた理由です。   ソ連崩壊後の機密資料の流出で、ソ連側は、日本軍によって海峡は封鎖され通航は不可能と諦めていたことがわかりました。日米軍事同盟とは、こういうものです。 北海道の夏の快適さと、冬の江別の寒さ、すすきのの温かさが思い出されます。
    ■匿名希望(卒業生)
    一人ひとりの力は小さくても、日本中の同じ志を持った力が集結すれば、きっと動かせると信じ署名させていただきます。 私を含め、様々な事情で表立った行動ができない人もいると思いますが、そういった力も合わせて闘いましょう! 
    ■神山義治(非常勤講師、現北海学園大学)
      憲法を破壊する安倍政権の暴力に対して、反知性主義的な反動政治に対して、立憲主義と平和的生存権を踏みにじる反革命・クーデターに対して、あらゆる世代が、あらゆる地域から、あらゆる方法を用いて、声をあげ、連帯し、これを止めることは、この社会の理性を維持するために不可欠であり、私たちの民主主義にとって、人の命を何よりも大切にする私たちの社会づくりにとって、人類史的に重要な一歩となるにちがいありません。社会の理性を守り発展させる社会的使命を担う知的共同体を先導して、札幌学院大学の方々が声明を発表されたことを心より誇りに思います。廃案に向け力を合わせ頑張りましょう。
    ■ 堺 威夫貴(学生)
    もし集団的自衛権を行使してしまったら、日本がテロの標的になってしまう可能性もありいつか日本でもテロが起こってしまうかもしれないことを知り、日本の安全や平和が脅かされてしまうと思い、安保法案、集団的自衛権は行使させたくないです。 平和な日本だから世界から信頼され、安全な日本だから2020年東京オリンピックに選ばれたのだと思いました。僕たち国民一人一人のNOの声が必要不可欠だと感じます。 
    ■ 水島朝穂(元法学部助教授,現在早稲田大学教授)
     この国の立憲主義の真正の危機に際して、札幌学院大の皆さんが声をあげられたことをうれしく思います。呼びかけ人に懐かしいお名前を発見しました。立場や専門を超えてこの問題に真剣に取り組んでおられることに敬意を表します。ともにがんばりましょう。 なお、http://www.asaho.com/ のサイト内検索で「札幌学院大学」と入力してみてください。
    ■藤田郁江(2003年度法学部卒)
    2003年度法学部卒業生です。伊藤先生とは今でも連絡を取り合っているのでご存知だと思います。井上さんには在学中大変お世話になりました。新國先生にはノートテイクボランティアでお世話になりました。 安全保障関連法案に反対です。その時の内閣によって如何様にも解釈され、戦争になるおそれがあります。改革したいのなら憲法改正するのが筋でしょう。(私は憲法改正にも反対ですが。)
    ■匿名希望
    全面賛同いたします 。
    ■匿名希望(学生)
    安倍政権の暴走にいつも不安を感じているので、私も署名します。首相、法律はあなたのおもちゃではありませんよ! 私らは自己中な悪ガキそのまんまなあなたからおもちゃを取り上げます! 覚悟なさいっ!
    ■匿名希望(卒業生の母)
    全世界に対し「これが私達日本の法律です」と胸を張り守ってきた魂を、小賢しい解釈をする事で踏みにじるのは許せない。 敗戦の痛みや苦しみ哀しみも、多くの犠牲も無にしてしまう。 安倍政権にこの国の全権を委ねたわけじゃない。支持率も低下してるのだから、どうしても変えたいのなら国民一人一人の思いが反映する国民投票をするべき。
    ■匿名希望(学生)
    私も全面賛同です。 自分がいままでの人生で学んできた形のある平穏が崩れようとしているのを 黙って見過ごすわけにはいきません 未来に不安を感じるので賛同します。
    ■匿名希望(法学部卒業生)
     みなさん、こんにちは。私も2児の父親となりました。こども達を戦争に送る本法案に絶対反対です。今も微力を尽くして闘っています。共にがんばりましょう。 
    ■佐藤有哉(法学部法律学科3年)
     私は、輝石の宝玉「日本国憲法」に記載されている①平和主義、②立憲主義、③民主主義、④法の支配、人類普遍の原理などをほぼ無視し、自衛隊を国軍化させて米国と一体化させようとする、安倍内閣の野望に断固反対します。  この法案は「アメリカの奴隷になるよ」と宣言しているようなもの。日米同盟という強制的に締結された同盟があるがため、日本はアメリカの犬をいつまでやらされるのかと思う。  2015年9月19日に自民党による強行採決で成立をしてしまい、シールズや他の皆様方の抗議は国会に届かなかった。しかし、成立したからといってそれで終わりでは無い。次の参院選では戦争法案の廃案を目指している国会議員を応援し、必ずや日本の平和を取り戻してみせる。私はそう固く誓っている次第でございます。  長文失礼しました。
    ■匿名希望(法学部法律学科3年生)
    安保法案?いや、違いますね。これは、立派な「戦争支援法」なのですよ。戦後70年の平和国家の歴史と、現行憲法を破壊するものです。昔から自民党は親米派が多いですから、アメリカの要望に従って戦争法を制定したのでしょう。・・・いつまでアメポチをするのやら(させられるのやら?)。  日本共産党を主導としての野党の共闘、「国民連合政府」の樹立呼びかけ、シールズや幅広い年代の皆様と共に私も頑張っていきたいです。  左翼だから、右翼だからは関係なく真剣にこの「戦争法」について無関心層も考えるべきではないかと思いますね。
     
  •  
     
     
     
     

    関連リンク集
     
    ■安全保障関連法案に反対する学者・研究者,学会,大学組合の声明一覧

    【新聞報道】 新聞に取り上げられました
    ■7月24日,神奈川新聞報道部から取材を受けました。記事にしてくれそうです。
    ■7月28日,30日,北海道新聞東京報道センターから取材を受けました。
    北海道新聞(2015年7月31日付朝刊) 北海道新聞で少しだけ取り上げられました。
    北海道新聞(2015年8月27日付朝刊)に,8月26日東京開催の「100大学有志共同行動」に参加された本学呼びかけ人のコメントが掲載されました。
     
    【お知らせ】
    戦争をさせない・9条を壊すな! 総がかり行動(8月30日)
     

  • このアピール(声明)に賛同いただけるすべての札幌学院大学関係者
    (学生、教員、職員、卒業生、退職教職員、その他関係者)
    からの賛同署名を募っております。
     
    賛同される方は,下記のフォームから名前,属性等をご記入し,送信して下さい。
     
    サイト管理者 経済学部教授 片山一義
     
     ご意見,お問い合わせは,ここにお願いします。

  •  賛同署名とメッセージの送信フォーム
     
    そのまま送信しても,すぐに画面には反映されません。 
    下記のフォームに,お名前,属性(学生,卒業生,教員,職員,退職教員など)をお書き下さい。
     名前を公表してもよい方は,メッセージ欄に「公表可」と記載して下さい